BEAUTY
2020.02.18

10年先の健やかな肌のために『エクイタンス』で美肌と笑顔を咲かせましょう

関連キーワード:

自分らしく、健やかな女性は美しい̶̶

飾らない、内側から輝く美は、心も満たし、毎日をさらにイキイキとさせてくれます。そんな、内なる美と笑顔をお客様に届けるために、サンスターのスキンケアブランド『エクイタンス』は生まれました。その人本来の美引き出す肌づくりで、輝く毎日を応援します。寒さが緩み、お出かけ気分が高まる春先。紫外線対策を忘れがちなこの時季から、紫外線は徐々に増え始めます。『エクイタンス』を使ったスキンケアやファッション日焼けを予防し、一年を通して美肌と笑顔を咲かせましょう。

「ファッション」「日焼け止め」「スキンケア」トリプルで紫外線対策を

ファッションは素材、織り方、色で対策を

ファッションで取り入れたい紫外線対策として、まずは帽子や日傘で日差しをガードすること。さらに、紫外線が透過しにくい素材の服を選びましょう。その一つがポリエステル。ただ、通気性や吸湿性が低いため、春から夏は綿と織り交ぜられた素材がおすすめ。この素材なら紫外線を約8割カットできるというデータもあります。厚手の生地や織り目が密なものだとさらに効果的です。また、色のついた服は染料が紫外線を吸収してくれるものの、黒は熱を溜め込んでしまうので、薄い色がベター。

近赤外線からも肌を守る日焼け止めクリームを

もちろん、肌には紫外線をブロックする日焼け止めクリームを。紫外線などの太陽光を長年浴び続けると「光老化」を招き、肌にシミやシワなどを引き起こします。太陽光の中でも注目したいのは、肌の深層に届く近赤外線やブルーライト(可視光線)。近赤外線は深いシワやたるみの原因に、ブルーライトも肌悩みの原因になるとされています。紫外線だけでなく、近赤外線やブルーライトもブロックしてくれるクリームを選ぶとより安心です。

美肌力を高めるならスキンケアがポイント

春は太陽光による肌ダメージが増えるだけでなく、気温差や環境の変化などで自律神経のバランスも崩しやすく、肌のターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下して乾燥しがち。その結果、紫外線を浴び続けて過剰に生成されたメラニンの排出が追いつかず、シミもできやすくなります。そこで大切なのがスキンケア。美白成分が入ったスキンケアアイテムなら、メラニンの生成を抑制して、シミやそばかすを防ぐことができます。化粧水やクリームできちんと保湿し、美容液で集中ケア。優しく丁寧なお手入れで、肌にうるおいを与えましょう。肌悩みがなくなれば、気持ちも前向きに。日差しあふれるこれからの季節を、「ファッション」「日焼け止め」「スキンケア」の3つの紫外線対策で、自分らしく、イキイキと楽しみましょう。