HEALTH
2020.02.17

まずは毎日の食事から 10年先の笑顔のために暮らしに「野菜」と「玄米」を

関連キーワード:

心身健康道場にて、玄米菜食ランチを体験。1口30回、よく噛んでいただきました。

サンスター通販『健康道場』シリーズが、社員のための健康づくりから生まれたことをご存知ですか? たとえば『おいしい青汁』は、サンスターの福利厚生施設「心身健康道場」で提供している青汁がルーツ。“本当においしくて身体にいいから飲んでほしい”との一心で商品化されました。ここで玄米菜食や青汁作りを体験すると、普段の生活習慣を見直すきっかけに。まずは食事のゆがみを整える第一歩として、『健康道場』を毎日の食事にプラスしませんか。

いつもの食事を手軽にひと工夫。青汁と玄米でヘルシーに

\体験できます/青汁作り

キャベツ、ほうれん草、小松菜、にんじんなどの野菜とりんご、レモンをミキサーで約1分撹拌。生のまますりつぶすので、野菜のフレッシュ感が楽しめ、食物繊維などの栄養素もしっかり摂れます。

飽食に慣れた心と身体をリセット

\体験できます/玄米菜食ランチ

この日のメインは「道場からあげ」。鶏肉の代わりに凍り豆腐を使い、カラッとジューシーに揚げた人気メニューです。副菜はかんぴょうの含め煮、菊花かぶなど。(エネルギー:588kcal 塩分:2.2g)

心身健康道場の食事は、動物性の食材を一切使っていません。朝は一杯の青汁で腸を休ませ、昼と夜は玄米ごはんと、大豆や野菜など植物性のおかずをいただきます。そうするうちに飽食に慣れた心と身体がリセットされるのです。2018年から一般向けの1日体験を開催していますが、玄米菜食ランチと青汁作りは特に人気。「玄米が想像以上においしく、家でも試してみたい」「野菜を多く摂るようになった」などのお声もいただき、健康バランスを取り戻すために一役買っています。

健やかな毎日は朝一杯の青汁から

青汁は飲みにくい。そう思われているかもしれませんが、心身健康道場の青汁はりんごとレモンが入っているので「青臭さがなくておいしい」と評判です。この青汁をご家庭でも飲んでいただけるよう、おいしさにこだわって商品化したのが『健康道場おいしい青汁』。1缶で約90g分の野菜が摂れるので、いつもの食事にプラスするだけで、野菜不足を補えます。「昨日食べ過ぎた」「朝は食欲がない」という方にも、朝一杯の青汁がおすすめ。“しっかり野菜を摂った”という充実感で、清々しい1日をはじめられるはずです。

健康道場 おいしい青汁

繊維質たっぷりで、野菜まるごとの飲みごたえ。 (1缶160g×30本)

玄米のおいしさを知ってもらいたい

玄米菜食ランチは1食600キロカロリー以下。動物性食品を使っていないのに、意外なほど食べ応えがあります。玄米は洗ってザルにあげ、一晩水切りしてから炊くと、もっちりとした食感に。玄米のおいしさを初めて知る方も多いのですが、やはり「家では大変… 」とのこと。そんなお声に応えて開発したのが、レンジで温めるだけの『健康道場 玄米ごはん』です。心身健康道場で好評のモチモチ感を追求しました。玄米ごはんは栄養価が高いだけでなく、自然と噛む回数が増えるので食べ過ぎも防げます。1日1食、週末だけでも玄米ごはんにしてみませんか。

健康道場 玄米ごはん 30食

発芽玄米、大麦、アマランサスをブレンド。白米に比べ、食物繊維がたっぷり。 (1パック170g×30食)